沿革(1982年〜)

1982年7月 株式会社アクロスとして自動車用品.自転車用品の卸売りとともにそれらに伴う輸出入の会社創業
1983年7月 昭和57年07月22日設立
1985年7月 自転車用品株式会社サギサカと同意し販売会社となり、社名を株式会社サギサカ関西とする
1985年8月 会社を大阪府都島区に移転
1986年5月 全品JANコード管理始める(当社からの提案)(業界初)
1987年9月 大阪府摂津市に自社ビル用地購入
1987年11月 トライアスロンパーツ販売(当社オリジナル)
1988年11月 自社ビル完成につき移転
1989年1月 棚割統一システム開始
1990年7月 摂津市銘木町に倉庫用地購入
1991年3月 新倉庫完成(商品センター)物流の円滑化を図る
1991年9月 徳島事務所 開設
1992年12月 MTBグッズ発売(当社オリジナル)(業界初)
1993年4月 資本金1000万に増資
1994年3月 全国パーツシェア 50% 突破 サギサカグループ
1994年3月 エコマーク使用認定受ける(当社のみ)
1995年5月 第2商品センター開設を物流拠点とする
1995年11月 棚割システム完全コンピューター化を開始
1996年3月 パソコンランによる、フルコンピューター化が始まる
1996年6月 関西初のデジタルピッキングシステム採用を稼動開始
1997年8月 ◆コンピューター事業部(WINTEC)開設
以下◆印はコンピューター関係
1997年7月 ホームページ開設
1998年8月 株式会社サギサカより独立、別会社となる。
1998年12月 マニアパーツ発表(業界初)
1999年6月 エコマーク使用認定受ける(当社のみ)
1999年7月 ニューパッケージ「自転車生活」発表
1999年10月 社名をウインテック株式会社に変更
2000年2月 ウインテック物流センター開設
2000年4月 ◆流通業界情報交換支援ソフト「シェイクハンド」完成販売
2000年5月 ◆「シェイクハンド」の構図をビジネスモデル申請
2001年8月 パッケージリニューアル、メッセージ-ボード゙採用
2002年1月 パッケージ、取扱説明書、新聞文字大に変更開始
2003年9月 女性専用のサイクルパーツ発売開始。ユニバーサルデザイン採用
2004年4月 中国メーカー提携により商品開発開始 (5社40品目〜)
2005年1月 社内コンピューター最新システム変更、IP-LAN
2005年1月 国産ネジ・クギ新開発品の量販向販売開始
2005年6月 資本金2000万に増資
2005年8月 第5次新パッケージ完成
2006年2月 業界初商品台紙にQRコード採用でサービスアップ
2007年8月 時計修理工具シリーズ販売開始
2008年1月 中国上海(徐家匯)近くに事務所開設
2009年8月 スポーツデジタルムービー intrada発売
2010年10月 2010 PB商品カタログ完成
2011年3月 第6次 新パッケージ作成完成 店舗・当社への問い合わせ大幅カット(26%)
2011年3月 3.11東日本大震災「パンクブロック」を救援物資として提供
2011年7月 スポーツデジタルムービーintrada スカパーTVでコマーシャル
2011年7月 創業30周年
2012年5月 おかげさまで30周年カタログ完成
2012年5月 量販店初「QRコード」をスマートフォンで読み取り、パッケージ内のベルの音がダイレクトに聞こえる仕組み「QR-SOUND」で開始
2012年5月 業界初 商品にQRコードによる動画説明書付商品へ移行
2015年7月 新サービス(パッククリニック)開始
2015年8月 小型商品を開封されにくいW-PACに変更
2015年10月 2015年版商品カタログ完成
2015年12月 HPリニューアル
2017年1月 スポーツサイクル事業部に
「レグレッツァ スポーツ(LEGGREZZA SPORTS)」を商号採用。
2017年9月 木製サイクルスタンド(4〜5台用:ナチュラルカラー/ダークブラウン)を発売(日本初発売)。
2018年5月 幼児・子供用サイクルヘルメット「リアライズ」を発売。
2018年6月 木製サイクルスタンド(1〜2台用:ナチュラルカラー/ダークブラウン)を発売。
2019年1月 クロスバイク LEGGREZZA C301 を発売。
2019年3月 クロスバイク LEGGREZZA C301R
(SHIMANO CLARIS 搭載のロードモデル) を発売。
2019年4月 大型子供同乗器付自転車にもOK すっぽり車体カバー を発売。
2019年5月 高級ロードバイク LEGGREZZA R901
(SHIMANO ULTEGRA 搭載のフルカーボンモデル) を発売。